通う回数について

まずは「早目に2回目」が目安

激しい症状を伴うものでなくても、10日開けることなく2度目のご来院をお勧めしております。
(ただし、重い症状の出ている場合であれば、回数や頻度はそれ以上となります。)

2回目を終えた時点で、ご自身の目的に応じて、「多少軽くなれば良い」ということであれば、メンテナンス目的または不調に感じたときだけご来院頂くだけで構いません。

原因から改善をご希望の場合は、「何をもってゴールとするか」を決めてそれに向かってご満足のいくまでお手伝いをします。
(治すのはご自身の自然治癒力です。整体はそれを最大限に引き出すお手伝いなのです。)

自然治癒力がしっかり発揮できるようになるまで個人差はあります。

■パターン1 効果がすぐ出て経過も良好

日常で負担も少なく、原因も根深くない場合です。
悪い状態に戻る幅も少なく、右肩上がりで改善していきます。
最初の数回集中して通院すれば、あとは不調を感じた時、必要と感じた時にお越し頂くだけで大丈夫です。

■パターン2 結果はすぐ出るが長続きしない

1回1回の施術での効果は高いもののすぐ元の状態に戻ってしまう場合です。
日常での負担が大きく自然治癒力が上回れないか、あるいは脳が誤った姿勢や動きを正しいと誤認してしまっていてその方向に戻ろうとする力がまだ強い場合です。
間はそれほど詰めて通う必要はない場合が多いですが、一定間隔での通院は続ける必要があります。
日常での姿勢や動きの決定的な負の要因を改めることで右肩上がりに改善していく可能性もあります。
施術を続けることで上記「パターン1」になっていきます。

■パターン3 なかなか効果を実感しない



効果を実感するまでに回数を要する場合です。水面下で確実に施術は効いています。ただし、今までの悪い癖や頑固な歪み、内臓への負担などがそれを上回ってしまっている場合です。根気強く回数を重ねるか、日常の中に決定的なマイナス要因がある場合にはそれを改善していく必要があります。

自己修正できるように

症状がある一定レベル以上まで改善すると自然治癒力が十分に発揮されるようになりますので、悪くなりかけてもご自身の力で症状を出にくくできます。
さらに体の正しい使い方を覚えられればより健康な状態を維持できるようになっていくのです。
そうした状態では「正しい位置」「正しい動き」を脳が正確につかむことができていますので、悪い状態を悪いと正しく判断でき、自己修正も働きやすいと言えます。

必要と感じたらお気軽にメンテナンス

当然、施術を受けることでマイナスに作用することはありません。
疲労を取るなどの目的で、毎週通われている方もいらっしゃいますので、あとは調子が悪いと感じた時や、頑張らなければならないお仕事の前など、お好きなペースでご利用下さい。

陥りやすい「不安」と「油断」

特に上記「パターン3」の場合、「本当に治っていくのだろうか」という不安があります。
施術中や施術後に「どこを改善できたか」「どこは頑固で根気がいるか」という話をしますが、施術に限らず努力が実を結ぶとき急に結果が出ることがあります。ですがそれは目には見えなくても確実に変化しているのです。
冬は変化の内容に見える桜の木も、春に咲くために目には見えない準備を絶えず続けることで美しい花を開かせるのです。

もう一つ注意しなければならないのは「自覚症状」と「実際に整った状態」はイコールではないということです。
少し軽減しただけで「治った」と早合点して施術を中止してしまうのは、これまでかけてきた施術を無駄にしてしまうこともあります。本当にゴールするまで油断と自己判断は禁物です!

時々しか来られない場合も

また事情により期間が空いてしまうことがあっても良い効果、悪い部分ともにある程度残っています。
当院の整体には、一回、一押しとして意味のないものはありません。限られた範囲内で最大限の効果を出す施術を提供させて頂きます。日常で気を付けることや、行うと効果のある体操などもご案内させて頂きますので、たまにしかお越しになれない方も必ずご満足頂けるはずです。

ページのトップへ